Uber Eats (ウーバーイーツ)

【副業】Uber Eats (ウーバーイーツ)現金払いのメリット

Uber Eats (ウーバーイーツ)は本来不要であるはずの「現金払い」機能を日本で開始しました。その背景にはユーザーと配達員が抱える隠れたニーズがあります。さらにこの「現金払い」によってレストラン側とUber側にもメリットが生まれています。

今回はその考察やメリットをご紹介いたします。

Uber Eats (ウーバーイーツ)のビジネスモデル

Uber Eats (ウーバーイーツ)はフードデリバリーのマッチングサービスです。出前館や楽天デリバリーと違うのは、Uber側が配達員を自社の社員として抱えていない点です。Uber Eats (ウーバーイーツ)はあくまでユーザーと配達員とレストランの3者をマッチングするプラットフォームとして存在しています。このモデルにより下記のメリットを実現しています。

・ユーザー:様々なレストランの料理を快適なUI/UXで注文できる
・配達員:好きな時間に好きな場所でお金が稼げる
・レストラン:自分で配達機能を持たなくてもデリバリー売上を稼げる
・Uber:上記3者をマッチングすることで手数料を稼げる

「現金払い」の開始と広がり

Uber Eats (ウーバーイーツ)の「現金払い」は18年11月頃に大阪エリアで開始し、順次対応エリアを広げています。今年4月からは東京で、6月からは横浜・埼玉・千葉でも対応が始まりました。大阪では既に取扱高の14%を「現金払い」が占めているそうです。

無い方がいいはずの「現金払い」

本来、「現金払い」はUber Eats (ウーバーイーツ)には不要であり、むしろ無い方がいいはずの機能です。通常、ユーザーは登録済みのクレジットカードによって決済を行うため、配達員に直接現金を支払う必要はありません。

ユーザーにとってこのスムーズな注文体験はUber Eats (ウーバーイーツ)のメリットです。また、配達員にとっても釣り銭を持ち運ぶ手間がなくスマホ1つで仕事ができるという手軽さはUber Eats (ウーバーイーツ)のメリットです。

今回始まった「現金払い」はユーザーと配達員における既存のメリットと完全に逆行します。ユーザーはわざわざ現金を用意して玄関口で配達員に支払う必要が生じます。配達員はわざわざ釣り銭を持ち運び、現金を管理するリスクも背負うことになります。

それでは、なぜわざわざ既存のメリットを打ち消してまで、キャッシュレスの波に逆らってまで、Uber Eats (ウーバーイーツ)は日本で「現金払い」を開始するのでしょうか。その背景には2つの隠れたニーズが存在します。

ニーズ1: クレジットカードを使いたくないユーザー

Uber Eats (ウーバーイーツ)が「現金払い」を始める第1の理由は、「クレジットカードを使いたくない」ユーザーのニーズがあるためです。実際、「現金払い」が始まったきっかけはユーザーの要望が数多く寄せられたことのようです。

スムーズな注文体験を捨ててまで「クレジットカードを使いたくない」ユーザーのニーズの背景には、クレジットカードに対する心理的不安の強さがあります。調査では、6割以上の人がクレジットカードに対して「不正利用されるのでは」「個人情報が漏れるのでは」といった不安を抱えています。(下図)

こうした心理的不安を抱えたユーザーは代替手段を利用せざるを得ません。実際、ネット購入におけるクレジットカードの利用率は7割程度で、残りの3割は「代引き」や「コンビニ支払い」など現金を介した決済を利用しています。(下図)

このように、Uber Eats (ウーバーイーツ)の「現金払い」は、ユーザーのクレジットカードに対する心理的不安を背景として、ネット通販における「代引き」に相当する手段として生まれたものだといえます。

ニーズ2: 収入を即日現金化したい配達員

Uber Eats (ウーバーイーツ)が「現金払い」を始める第2の理由は、「収入を即日現金化したい」配達員のニーズがあるためです。

「現金払い」の場合、配達員はユーザーへの配達が完了した瞬間に即、現金が手に入ることになります。なお、通常のUber Eats (ウーバーイーツ)の配達員収入は週払いで銀行振込されます。

そして、ここが非常に巧妙な仕組みなのですが、実は「現金払い」は全ての配達員が対象ではなく、「対応可能」と自主的に設定した配達員しか対応できない仕様になっています。つまり、「現金払い」が成立するためにはユーザーのニーズだけではなく、配達員側のニーズが不可欠です。(逆に言うと、「現金払い」に対応したくない配達員が嫌になって辞めてしまうようなことは起こり得ません。)

現金を取り扱うコストとリスクを背負ってまで「現金払い」に対応する配達員が存在する背景には、「即、現金を得たい」ニーズの存在が考えられます。twitterでの配達員アカウントの発言や、Uber Eats (ウーバーイーツ)運営側の話からも、一部の配達員に「即日現金化」のメリットが喜ばれている様子が伺えます。

「即、現金を得たい」事情として、20代~40代の単身世帯では4割が貯蓄ゼロであるため「手元に現金がない」という状況が考えられます(下図)。実際、こうした「手元に現金がない」層に向けたサービスは増えています。

このように、Uber Eats (ウーバーイーツ)の「現金払い」には配達員側のニーズも不可欠であり、具体的には「収入を即日現金化したい」というニーズの存在が考えられます。

また、もう1つの配達員側メリットとして、「配達オーダー増加による収入アップ」が考えられます。対応可能な注文が増えることで自分のところに配達オーダーが入りやすくなり、収入の絶対値が増える可能性があります。

「現金払い」はレストラン側とUber側にもメリット

Uber Eats (ウーバーイーツ)の「現金払い」は、レストラン側とUber側にもメリットが生じます。これまで取り逃がしてきたユーザーのニーズをすくい取ることができるため、その分サービス全体の取扱高が上昇します。すなわち、レストラン側にとってはデリバリー売上が上昇し、Uber側にとっては手数料収入が上昇します。

加えてUber側には決済手数料コストの削減メリットも生じます。通常、ユーザーからの注文処理はクレジットカードで処理されるため、Uber側はカード会社に対して手数料を支払う必要があります。しかし、「現金払い」によってユーザーが配達員に直接支払いをする場合はカード会社を介さないため、決済手数料はかかりません。(7/30追記)

また、これは根拠弱ですがUber側にとっては配達員に対価を支払う際の手数料コストの削減につながる可能性もあります。

Uber Eats (ウーバーイーツ)の「現金払い」は「四方良し」の仕組み

Uber Eats (ウーバーイーツ)が開始した「現金払い」は、「クレジットカードを利用したくない」ユーザーのニーズと「収入を即現金化したい」配達員のニーズをマッチングさせる巧妙な仕組みです。また、「現金払い」の導入によりサービス全体の取扱高が上昇するため、レストラン側にもUber側にもメリットが生じます。

このように、Uber Eats (ウーバーイーツ)の「現金払い」は、サービスに登場する4者の全てにメリットを生じさせる「四方良し」の仕組みとして成立しています。うまく活用したいところですね!

なお、Uber Eats (ウーバーイーツ)で本格的に稼ぐための情報を、ギュッとまとめた記事も御座いますので、こちらもご参照ください。

【初心者向け】Uber Eats (ウーバーイーツ)の副業まとめ 今回の記事は以下の方へ向けた内容となります 副業を始めてみたい Uber Eats (ウーバーイーツ)に興味があ...

UberEatsの登録はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!