自己投資

【自己投資】簿記初心者が簿記勉強を始めて困ったこと3選

簿記初心者が簿記勉強を始めて困ったこと

ご覧いただきありがとうございます。Triverです

今回の記事は以下の方へ向けた内容となります

  • 簿記勉強を始めてみたい
  • 効率良く簿記の勉強をしたい

簿記勉強を実際に始めて、特に困った点は以下3つ

  • 専門用語が多すぎる
  • 説明が分かりづらい
  • その処理が必要な理由が分からない

敷居が高く、挫折しやすい要素がそろっています。しかし、いずれも事前に勉強方法を選択する事で、回避可能です。困った一次情報を今回はご紹介するほか、おすすめの勉強法である「クレアール」も併せてご紹介いたします。


簿記学習では専門用語が多すぎる

勘定科目、資本、資産、負債、繰越利益剰余金、買掛金、売掛金、借入金、支払手形、貸倒損失、減価償却費、減価償却類型額・・・3級の範囲でこの始末。

漢字が多く、馴染みが無さすぎます!

新しい会計用語を覚えてないと、次のステップへ進めないため、漢字の海に飲み込まれます。理解すれば、なるほど、となるのですが、入り口の敷居の高さがまずはネックになります。

そのため、最初の内は自分で意味を調べながら勉強を勧めるのが、一番の近道になります。僕のように何となくの理解で進めて、過去問でその言葉が再登場した時、再度調べなおす事になり、かなり時間が掛かってしまいますので・・・。

説明が分かりづらい

理解している人が読んだら、ものすごく納得できる説明で、書く用語や事例が紹介されま。つまり初心者には、分かりづらい書き方がなされています。

テキストでは、身近なものに例えた事例が少ないため、中々理解が進みません。僕はテキストを事前に読んで、オンライン授業を受けましたが、圧倒的にオンラインの方が分かりやすいですよ。

その会計処理が必要な理由が分からない

簿記は、算数ができれば、規則に従って指定の処理は行えます。しかし、しばしば何故その処理が必要? こうしなければいけない?といった事が多々あります。

他の項目同様、理解できればその処理を正しく行えるのですが、理解できない=納得できない。納得できないと、中々モチベーションが上がらず、学習深度があがりません。

その分でもやはり、既に理解している、講師の方から学ぶのがベストといえます。

独学では心が折れるので、オンラインスクールを活用!

会計処理を行わない会社はなく、個人においても、確定申告という会計処理を行う場面もあります。その入り口は、モチベーションが高くないと、初心者お断りになってしまっています。

実務を行う場合も、基礎の正しい理解は、非常に重要になりますので、金銭、学習時間コストに優れた「クレアール」での取り組みをおすすめします。下記リンクより無料教材の請求も行えますので、独学で簿記学習を始めて心折れそうな方は、一度ご覧になる事をおすすめ致します。



また、簿記学習に関する記事をまとめたページも御座います。こちらも宜しければご参照くださいませ。

【簿記学習】投資にも副業にも最高の学習資格まとめ【クレアール】 簿記の勉強を始めたけど、何に役立つのか分からない 簿記学習を始めてみたい 簿記学習のメリットを知りたい ...

最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!