自己投資

【簿記3級学習】合格後は簿記2級学習をするべき3つの理由

ご覧いただきありがとうございます。Triverです。商工会議所の試験も間近。簿記3級の目途が立ち始め、次のステップを考えている方も多いのではないでしょうか。そんな方へ向けた内容の記事となります。

確かに簿記3級では、基本的な簿記の技術は学べますが、就職や転職に使えるかと言われると厳しいところ。せっかく頑張って学習したので、その成果を生かしたいですよね。

そこでおすすめなのが、簿記2級の学習です。僕自身、簿記3級の学習開始後、目途が立ったので簿記2級の学習を始めました。学習して体感したメリットが以下の3つ。

  • 事務職の募集要項を満たせ、就活や転職の幅が広がる
  • 副業や個人事業、法人含めた会社運営の一通りの処理が学べる
  • 株式投資などにおいて、会社の経営状態をより詳細に把握できるようになる

いずれも私生活の他、職業の選択など、簿記2級によって出来る範囲が広がり、自分自身の選択肢を増やすことができます。また、簿記3級で基礎学習が終了していて、簿記2級に移行しやすいのもメリット。

今回はメリットの詳細をご紹介いたします。次のステップをお考えになる際、ご参考になれば幸いです。

なお、簿記学習においては、僕自身も利用している「クレアール」さんの利用を前提としています。時間面でも金銭面でも、コスパが良い点が、利用している理由です。

クレアールとは?

簿記の他、公認会計士や税理士など、難関資格の講義を行うオンラインスクールです。受講内容も非常に好評で、ストリーミング映像講義によるスキマ時間の活用など、現代に則した斬新なスタイルも話題。

実際に受講しても大変分かりやすく、満足度は高いですね。こちらのリンクから無料で、講義サンプルを請求できます。気になる方は一度お試しください。



なお、本文の内容とは異なりますが、FP資格もおすすめです。こちらは、金融関連の知識を広く浅く学べますので、私生活にすぐコミット出来るという点でおすすめできます。学習方法など含め、別記事でご紹介いたしておりますので、宜しければご参照くださいませ。

【FP3級】勉強から試験、合格までの手順と知識の活用法【FP3級】勉強から試験、合格までの手順と知識の活用法 ご覧いただきありがとうございます。Triverです。 今回の記事は以...

簿記2級学習のメリット 就活や転職の幅が広がる

まずは本業でのメリット。事務職の募集を確認すると、殆どが簿記2級以上の資格所持が条件です。

就活時はもちろん、例えば、社内において今の部署に不満がある場合、経理部への転籍相談なども行いやすくなります。転職時でも、金銭面の条件は同じだった場合は、働く場所や環境を変えたいといった際にも役立ちます。

これらはいずれも、自身の選択の幅を広げるために、非常に有用と言えますね。景気の波により、一般部署の募集人数はまちまちになりますが、経理や事務職は別。

どんな会社にも経理部や事務はありますし、需要が低減しづらいというメリットもあります。もし、急に転職が必要になった場合も、アピール材料があれば安心です。

簿記3級では足りなかったアピール材料が、簿記2級以上では満たせます。この、本業にも転用できる点が、簿記2級学習をおすすめする1つ目の理由です。

簿記2級学習のメリット 会社運営の一通りの処理が学べる

簿記2級学習では、3級よりも学習範囲が増えます。例えば、以下の会計処理。

  • 有価証券(株式や債券)関連の処理
  • 吸収や合併、本支店会計
  • 税効果会計
  • リース関連の処理
  • 工業簿記(後述しますが、副業にめちゃくちゃ役立ちます)

いずれも、財務諸表を作成するにあたって必要な知識です。また、個人事業主の場合でも、確定申告に役立ちます。

自身で法人を持つ場合、税理士さんを持つにしても、これらの知識があった方が有利に立ち回れますし、意思疎通が行いやすくなります。しかしここで注目したいのは、工業簿記です。

工業簿記では、おおざっぱに言ってしまうと、生産効率を算定するための会計処理を学習します。これが副業や個人事業に応用しやすいのです。

現在行っている副業や個人事業を数値で表し、数値上で現在の問題点や効率を上げるための、ボトルネックになっている点を洗い出すことができます。また、客観的な指標を作成する事で、成果を目視し、モチベーションに繋げやすいのも良い点。

収支計算や実務労働が絡んでくる、せどりと特に相性がいいですね。外注化をする時には、やるやらないで、大きく違いが出ると考えられます。

将来の規模拡大後の知識武装や、事業の効率化にあたっての工業簿記を学習出来る点が、簿記2級学習をおすすめする2つ目の理由です。

簿記2級学習のメリット 会社の経営状態をより詳細に把握できる

これが、個人的に一番のメリットです。簿記3級では、大まかな部分の財務諸表の読み取りが行えるようになりますが、簿記2級までいくとかなり細部まで読み取りが行えるようになります。

個人資産を増やす場合、給料や事業以外に少しずつ株式や不動産に投資するのが王道です。しかし勉強していて痛感しますが、不動産はかなり難しく、初期資金含めハードルが高いのが難点(その分、競合が少ないので利益を出しやすいとも言えます)。

資金流動性の難点もありますので、株式の方が入りやすさで軍配があがります。その株式でも知識や情報が必要になります。

高配当株投資やキャピタルゲイン狙いの投資をやる場合は特に、リスクを減らすため、株式を購入する企業の財務諸表を読み取り、経営状態の把握が必須。そこでも簿記の知識が役立ちます。

ここは個人の感性になりますが、読み取り自体が楽しいのもメリット。あっという間に時間が過ぎていきます。

お金に働いてもらうための王道、株式。株式の知識を深め、リスクを減らせることが、簿記2級学習をおすすめする3つ目の理由です。

簿記2級学習のメリット

簿記2級学習のメリットは以下の3つ。

  • 事務職の募集要項を満たせ、就活や転職の幅が広がる
  • 副業や個人事業、法人含めた会社運営の一通りの処理が学べる
  • 株式投資などにおいて、会社の経営状態をより詳細に把握できるようになる

簿記3級学習でもそうですが、自己肯定感は大事です。自身の努力によって得た知識が、資格という形で目に見えるのも良い点。

仕事でも、私生活でも、資産形成においても役立つのが簿記2級です

資本主義社会において、学習して損をすることがほぼ無い知識ですので、簿記3級から次のステップとして、是非ご検討ください。学習方法に関しても、別記事で作成しております。こちらも宜しければ併せてご参照くださいませ。

【簿記学習】投資にも副業にも最高の学習資格まとめ【クレアール】 簿記の勉強を始めたけど、何に役立つのか分からない 簿記学習を始めてみたい 簿記学習のメリットを知りたい ...

新しく簿記3級から始められる場合も、やはりクレアールが、コスパの面でおすすめです。無料でお試しの講義資料も請求できますので、是非ご検討ください。



最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!