おすすめ書籍

自己投資のおすすめ本【嫌われる勇気】アドラー心理学を学びやすく

自己投資のおすすめ本【嫌われる勇気】

ご覧いただきありがとうございます。Triverです

今回の記事は以下の方へ向けた内容となります

  • アドラー心理学って?
  • アドラー心理学本を読んでみたけど、分かりづらかった
  • 前向きになれるよう考え方を変えたい

「嫌われる勇気」は、出てくるのが100年早すぎたと言われる心理学、

アドラー心理学を対話形式で、表現した作りの書籍になります

アドラー心理学では、人間の悩みの原因は全て対人関係にあると説いており、

悩みを抱える青年(読者)に対し、哲人(識者)が答える形で展開されます

将来の悩み、友人関係、家族関係など、頻発する悩みの全てをほぼ網羅しています

今回は、僕自身の感想も添えながら、簡単に内容を紹介いたします

なお、先に一言申し添えますと、これは心理学というよりも、哲学書

このイメージで、ご覧になることをおすすめ致します

「嫌われる勇気」第一夜:トラウマを否定せよ

「嫌われる勇気」では、幼少時の体験が現在に影響を与える現象

つまり、トラウマは存在しないと否定しています

これは、現在は原因を基にしたものではなく、

現在は目的の選択によって存在しており、過去の影響はない、としています

僕自身は目的を変えない限り、現在は変わらず、今のままが連続する・・・、

幸せでない場合、満足していない場合はそれが続く、と解釈しました

副業にしても、人間関係にしてもそうですが、やはり今を変える為に今動かないと、

現状維持バイアスに、強いエネルギーを持って立ち向かわないと、人は変われません

過去を言い訳に、やらない理由、出来ない理由を探すのは簡単

アドラー心理学の厳しい言葉ですが、正論とは思いますので、すぐにはかみ砕けなくても、

自分の中で受け止められるものから、順に動いて、変えていくことを始める事が大事と考えます

「嫌われる勇気」第二夜:全ての悩みは対人関係

本書の中で、人間の全ての悩みは、人間関係にあると語られます

劣等感、不安、恐怖・・・これらは全て、主観的なもの

自分の目的に沿った色眼鏡でそのように映るなら、自分から勇気を持って自由になるために、

主観を変えていけば、悩みは解消される、という理屈です。理屈は正しいです

ただこの実践は、「人に嫌われたくない」という、誰しも持つ前提を、

意志の力で超えて、実践していく必要があります

タイトル通り「嫌われる勇気」が、大きく必要になりますね

「七つの習慣」でもありましたが、自分の主観、羅針盤や地図をしっかり持てば、

世界はがらりと変わりますし、悩みは激減します

人は変えられませんが、自分は変われます

それであれば、先ずは自分を変えて、世界を少しずつ変えていきましょう

「嫌われる勇気」第三夜:他者の課題を切り捨てる

中々、過激なタイトルですが、語られる内容は今までと一貫しています

自分の主観で、ストレスを感じている(正確には、それが自分の目的に沿っている)

そんな中で、例えば親から○○の大学を出て就職して欲しいなど、他者からの期待に沿って行動を選択するとどうなるか

自分が本当にやりたいことが出来なくなり、いつまで経っても自分自身は満足できません

承認欲求を捨てて、自分自身に深く問いかける

この章では、自分に対する深堀の方法や考え方が、語られました

自分を自由にするために、自分に対する問いかけはきちんと進めて行きたいですね

「嫌われる勇気」第四夜:世界の中心はどこにあるか

例えば、学校と言っても、自分が通っている学校が全てではありません

同じ町の中にも、他府県にも、海外にも学校というコミュニティはあります

自分は、その大きな共同体の中の一人

コミュニティの中に存在するだけで、自分に価値はあるのです

コミュニティを広げていけば、他の都道府県、海外諸国、

更には地球や宇宙といった枠組みまで、どこまでも、広く広く捉えられます

小さなコミュニティの中で、その中の期待にとらわれず、大きなコミュニティを考えて、

自身の価値を認めましょう。これが語られている内容です

僕自身、正しく咀嚼しきれていませんが、これを理解するためには、

自分自身に深く問いかけ、コミュニティを、捉え方を強く認識する必要があります

本書内でも、これを理解するには、「年齢の半分の年月がかかる」と言われていますので、

気長に行きましょう。自分を知ることは大事ですので

「嫌われる勇気」第五夜:「いま、ここ」を真剣に生きる

自分自身の今できること、選択できることを認め、自分を受け入れる事がスタート地点

自分が今できない事を認めた上で、他者に全幅の信頼を寄せる。無条件で相手を信頼します

これも、すごく勇気がいることです

嫌われたらどうしよう、騙されたらどうしようなど、不安を挙げればきりがありません

しかし、自分から変わらなければ、相手も世界の見方も変える事は出来ません

怖くても変えられるのは自分から、自分だけ、だから自分から変わろう

これが、本書の最後に述べられている内容です。正直、怖いです

なぜなら、自分が変わって進む先は、足元も良く見えない道ですので

最後に語られる「いま、ここ」を見て、全力で生きる事

これの連続が、勇気を持つことになり、自分の人生を謳歌するための一番のコツと語られます

まずは、「いま、ここ」に目を向けて、自分に嘘をつかなくて良くなるように、

気が付いたら、他人を無条件で信頼できるように、自分を変えていきたいと思います

「嫌われる勇気」を読み終えて

敢えて汚めの言葉で、かつ端的になりますが、僕感想は以下の通りです

超正論だけど、しょせん綺麗事

でも、正しいと思うから、今からやってみる!

この「嫌われる勇気」は人を選ぶ内容だと思います

万人にはおすすは出来ても、納得してもらえないでしょう

それほど、解釈にも、納得にも、実行にも、自身の勇気が必要になります

今回の記事でご紹介した部分で、いやいやそれは・・・となった部分は、

本書中の対話形式で、ほぼ全て「青年」が問いかけています

もし、興味を持たれた、或いは今を変えて進めたい場合は、一読をおすすめいたします

最後までご覧いただきありがとうございました







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!