自己投資

【簿記学習】初心者がやってはいけない勉強方法5選【簿記3級】

  • 簿記勉強をどう進めれば良いか分からない。
  • どうせなら効率的に簿記勉強をしたい。

簿記3級に短期間で受かりたい場合、やってはいけない勉強法があります。それがこちら。

  • 休日にまとめて勉強する
  • 講義や問題集の前に過去問をやる
  • 参考書を3つ以上つかう
  • 過去問をせず本番に臨んでしまう
  • 手を動かして問題を解かない

いずれも、日商簿記3級での勉強方法を指しています。FP3級の試験などですと、上記の勉強方法でも問題ありませんが、簿記では厳しいです。

理由は、学問ではなく技術寄りの資格だからです。手を動かしてコツコツ身につける必要があるため、いずれの理由もNGになってきます。

逆に言えば、これらとは反対の勉強方法を取ればOKということ。今回はNGの勉強方法をご紹介いたします。

初心者がやってはいいけない簿記学習 ①休日にまとめて勉強する

これが最もやってはいけない勉強法。これを繰り返すほど、確実に合格から遠ざかります。

なぜでしょうか。理由はかんたんで、簿記というものは、すぐに頭の中から抜けていくからです。本当に。

そもそも簿記3級は、独学者でも100時間勉強すれば受かると言われています。ただしこれは正しい勉強法の場合。同じ100時間でも、間違った使い方をすると合格から遠ざかります。

では、どう勉強すれば良いのか。結論は「毎日少しずつ勉強する」ことです。

とても単純な計算ですが、1日1時間を3か月毎日繰り返せば、十分合格できます。しかし、土日にまとめて20時間を5回繰り返しても、絶対に合格しません。

繰り返しになりますが、理由はすぐに頭の中から抜けていくから。抜ける理由は、最初、丸暗記になるからです。

簿記のスタートにおいては、ほぼ全員丸暗記から入ります。これは、英語の単語を暗記するのと同じで、絶対に通らなければならない道。

人間は理解を伴わない記憶について、すぐに忘れます。だからこそ、頑張って理解して記憶しようとするのですが、簿記3級については理解よりも暗記しなければ始まりません。そして、この暗記すべき量が非常に多いのです。

ですので、記憶に定着させるためにも、毎日やるのがベター。逆に言えば、毎日コツコツ努力をすると、必ず報われる試験であり資格です。

土日にまとめてやってしまうと、記憶がリセットされて、またゼロから勉強・・・なんて日々が続き、やがて諦めることになってしまいます。絶望です・・・。

改めてとなりますが、土日にまとめて勉強するようなことは避けて、脳と仲良く付き合い、少しずつ身につけていきましょう。

初心者がやってはいいけない簿記学習 ②講義や問題集の前に過去問をやる

大学受験や資格試験で言われる、正攻法の1つ。それが「過去問から解く」という勉強法です。しかしこの勉強法、簿記3級の試験勉強においてはダメダメです。

なぜなら、そもそも過去問を読んでも、何を問われているのか分からないのです・・・。例えば、大学受験であれば、それまで中学や高校の授業で学習した知識を、ある程度使って過去問が解くことも可能です。

また、他の資格試験であっても、生活の中で培った多少の知識を使って、解けることもあるりますよね。英検やTOEIC辺りは、ある程度解ける問題もあるのでは無いでしょうか。

しかし、初心者が簿記3級に取り組むときは、この方法はとてもおすすめ出来ません。簿記は私生活で使わない知識ですので、応用のしようがありませんから。

知識ゼロの状態で、過去問を解くことは難しいですし、もしかしたら、やる気を削がれ、その日勉強する気を失くしてしまうかもしれません。「勉強する前に何が試験に出るか把握しておいたほうが効率的なのでは?」との疑問もあるかと思いますが、こういった考え方はいかがでしょう。

実際試してみたのですが、問題が何を問うているのか把握することができないほど、さっぱり理解できないからです。理解できないことは、記憶することも難しい。

そのため、最初に過去問を解かず、先ずは理解に勤めましょう。なお、簿記2級の勉強の際には、過去問から入るのは基礎があるため、むしろ効率的なのでオススメですよ!

初心者がやってはいいけない簿記学習 ③参考書を3つ以上つかう

簿記3級においては、複数の参考書を使う必要はありません。それは、これまでと同様の理由で、簿記3級はほぼ暗記だから。

応用するような場面はほぼありません。本試験において、1~2問は応用が出るかもしれませんが、それは解かずに他の問題に注力したほうがよっぽど効率的ですし、余裕で合格可能です。

色々な参考書に手を出しすぎると、むしろ混乱を引き起こすというデメリットがあるかも。また、実はノートの作りすぎも厳禁。

マメな方に多いのですが、ノート作りに力を入れすぎて、結局見直す時間がとれず試験当日を迎えてしまい、合格点に届かないケースも。簿記3級試験は、良い意味でも悪い意味でも、短期決戦です。

そのため、試験当日まで短いことを考えると、ノートの作りすぎは逆効果。そこでオススメするのが、テキストに書き込んでいく勉強法です。

簿記3級のテキストは、基本的に小さくカバンに入れて持ち歩きやすいものが多くですよね。毎日勉強するのが鉄則ですが、裏を返せばスキマ時間で合格可能です。

ということは、持ち歩いてスキマ時間で勉強するのが大変効率的。そのためには、勉強した情報をテキストに一元化するのがおすすめです。

これによって、いつでもどこでも、簡単に勉強したことを思い出せますよ。また、副次的ですが、ノートとテキストを行ったり来たりすることがなくなり、時間と労力の節約にも一役買います。なお、全てをテキストに書き込むスペースは無いと思うので、必要に応じて、ノートを使うのはアリ。

初心者がやってはいいけない簿記学習 ④過去問をせず本番に臨んでしまう

受験勉強そのものに慣れていない人が、陥りがちな失敗。簿記3級の本試験は、2時間です。長いように聞こえるかもしれませんが、初受験の方は特に気を付けてください。とても短いです。

全体の時間も短いですがそれに加えて、時間配分というものが必要になります。簿記3級の本試験は毎年必ず、大問が5問出題されます。このうち、大問1はかんたんな仕訳問題であったり、逆に大問5は時間のかかる総合問題だったりという風に、お決まりのパターンがあります。

このパターンを知った上で試験に臨むのとそうでないのとでは、まったく状況が違います。簿記3級はほぼ暗記と繰り返していますが、ごく僅かの「テクニック」が本番において、とても必要とされます。

予め備えておけば、本番になって焦らず落ち着いて対処でき、時間を無駄にしなくて済みますよね。そのためにも、事前の過去問は試験1~2週間前を目途にこなしておいて、傾向を把握しておきましょう。

初心者がやってはいいけない簿記学習 ⑤手を動かして問題を解かない

意外と多いのが、テキストをただ読むだけの場合。しかし、簿記3級に限っては、NG。なぜなら手を動かさないと、中々覚えられないからです。

もちろん、慣れない電卓を使いこなすには時間がかかりますが、それでも、手を動かすことは基本。簿記の勉強を進める時の基本パターンは以下の通り。

  1. テキストを読む。
  2. 問題を解く(電卓を使い、仕訳を手で書く)。
  3. 答えを見て確認。間違えていたら理解する。

繰り返し繰り返し、頭と手を動かして技術として習得する。それが基本の流れです。これを繰り返して同じ問題を正解出来るようになっていけば、徐々に合格する実力が身につくことになります。

やってはいけない勉強方法を抑えて効率的に簿記を学ぼう!

簿記3級に受かりたい場合のやってはいけない勉強法5つ。

  • 休日にまとめて勉強する
  • 講義や問題集の前に過去問をやる
  • 参考書を3つ以上つかう
  • 過去問をせず本番に臨んでしまう
  • 手を動かして問題を解かない

簿記は学問ではなく技術寄りの資格です。そのため、地道になりますが、手を動かしてコツコツ身につける必要があります。そしてそれが一番の近道です。

簿記は身につけづらい分、役に立つ場面が非常に多い資格ですので、勉強方法を把握して是非合格しましょう。なお、簿記学習においては、僕自身も利用している「クレアール」さんの利用を前提としています。時間面でも金銭面でも、コスパが良い点が利用している理由です。

クレアールとは?

簿記の他、公認会計士や税理士など、難関資格の講義を行うオンラインスクールです。受講内容も非常に好評で、ストリーミング映像講義によるスキマ時間の活用など、現代に則した斬新なスタイルも話題。

実際に受講しても大変分かりやすく、満足度は高いですね。こちらのリンクから無料で、講義サンプルを請求できます。気になる方は一度お試しください。


簿記に関して、取りまとめた記事もございます。宜しければあわせてご参照くださいませ。

【簿記学習】投資にも副業にも最高の学習資格まとめ【クレアール】 簿記の勉強を始めたけど、何に役立つのか分からない 簿記学習を始めてみたい 簿記学習のメリットを知りたい ...

最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!