Civ4BTS

【Civ4BTS(シヴィライゼーション4)】国家拡張タイミングを考える

Civ4BTS(シヴィライゼーション4) 国家拡張タイミングを考える

ご覧いただきありがとうございます。Triverです

今回の記事は以下の方へ向けた内容となります

  • Civ4BTSを始めたばかり
  • 戦争を仕掛けるタイミングが、イマイチ分からない
  • 戦争準備に、いつもバタバタしてしまう
  • 内政が楽しくて、戦争をしたくない

※シド星は常在戦場と悟られている方は、既存論が中心ですので、今回はスルーしてくださいませ

自由すぎるAIのため、突然戦争を仕掛けられることも多い、Civ4BTS

それでも、Civ5より全然マシですが

そして内政が楽しすぎて、戦争に貴重なハンマーを割きたくない、と考えてしまうのも事実

実際、内政大好きな僕自身もそうでした

しかし、内政の一環として、戦争を捉えるとどうなるでしょうか

今回はより内政を楽しむための、拡張の手段として、戦争の準備方法などをご紹介いたします

戦後復興は、とても楽しいですよ!

Civ4BTSにおける、拡張の手段について

内政を行うためには、当然ですが、自国の都市や土地が必要になります

自国の都市や土地を確保する方法は、主に5つ(4つ目以降については、毎回再現出来ません)

  1. 開拓者を生産して、都市を建設する
  2. 敵国の都市を占領して、自国の都市や土地とする
  3. 自国の文化ポイントをあげて、他国の都市や土地を確保する
  4. 蛮族都市を占領して、自国の都市や土地とする
  5. 新大陸など、遠洋に先行して、開拓を行う

この中で、⑤はマップによっては非常に重要なので、技術ツリーの取得優先にも影響します

ここは、選択したマップに応じて、臨機応変に行きたいところですね

④に関しては、再現性が低いため、あったらラッキー程度でOK

微妙な場所に蛮族都市があった場合は、AIにあげるのもありでしょう

①は基本中の基本ではありますが、初期立地や指導者によっても左右されますし、

高難易度になればなるほど、開拓者のみで充分な国力を得られない事になります

そこで、国力で劣る自国を強化し、勝利するための拡張(戦争)の手段②を選択することになります

拡張をして、国力をアップさせる事で、更に内政を楽しめます

なお初期開拓に成功し、10都市を超えるような都市を抱え、技術も充分ついていけている場合は、

わざわざ戦争せず、仕掛けられない程度の最低限の軍事ユニットを作成し、内政に専念するのが吉

他国より国力が劣っているのに戦争で勝てるの?

勝てます

ただし、タイミングを選んだり、技術ツリーや生産物を絞るなど、準備は周到に行う必要があります

勝てる理由はシンプル

国力が劣っている=都市数が少ないため、維持費やユニットのリソースを研究費に回せ、

一定タイミングまでは技術先行できる。この点にあります

毎度おなじみ、カノン(鋼鉄)やライフルラッシュ(ライフリング)までであれば、

開発する技術ツリーを絞る事により、充分先行可能です

そこに焦点を絞って、ユニット生産などを進め、外交も駆使すれば勝てる計算になります

初期拡張が失敗していたとして、仮に5都市と計算すると、

隣国を丸々飲み込めば、12都市程度は行くと考えられます

そうなると、一旦内政に注力し、再拡張或いは宇宙開発など、様々な勝利へのレールに乗れますね

なお、再拡張を行う場合は、共産主義+カースト制+平原工房山盛りの、

全都市生産都市体制が、おすすめ。戦車が畑から生えてきます(防御度破壊はスパイで)

Civ4BTSにおける、拡張を考えるタイミング

初期開拓が、上手くいっていない事を前提に考えます(成功していると大きくは不要ですので)

  1. 自国の都市数や領土が少なく、このままだと勝利条件に一番乗り出来ない
  2. 他国の不当な文化侵略により、我が国固有の領土が侵される
  3. マンサが、余力を残した状態で属国になった
  4. 既に勝利のレールに乗っているが、更に国力を増大させるために、都市や領土が欲しい
  5. 大幅に技術先行したので、後進国を蹂躙したい

まともな理由は、①~③になります。③は本当に危険です

いずれかの理由に該当したタイミングで、どこで拡張を行うかを逆算し、準備を始めます

ここでは、特に方針を決定しやすい「初期開拓終了後」に焦点を絞ります

初期開拓終了後

数学を取得する頃には、概ね各国の国境線が決まり始めていると思います

この時点で、自国の都市数がAIよりも少ない場合、拡張を考える必要があります

都市数の割にスコアで上位に食い込む場合もありますが、技術差はいずれ人口に抜かされます

なお、例えば斧ラッシュなど、もっと早い段階でのラッシュもありますが、

AIは弓大好きなため、高難易度になればなるほど、かなりの賭けになります

可能なのは、カパックのケチュアラッシュくらいでしょうか(それでも厳しいですが)

そこで、拡張と勝利への確率を上げるため、以下の6つを実行します

  1. 仮想敵国を設定する。遠交近攻に主眼を置いて、基本的には隣国に設定する
  2. ラッシュを行うタイミングを決める。自国や仮想敵国にもよるが、カノンやライフルラッシュ(英国ならコレ)推奨
  3. スパイポイントを仮想敵国に全振りする。内乱先導などの他、ユニットなど情報が少しでも欲しい
  4. ユニットや施設の生産計画を決める。カノンラッシュの場合は、お供は槌鉾兵でも可(官吏から作れるので、コツコツ量産しやすい)
  5. 外交的優位を少しずつ作る。例えば、仮想敵国以外にバラまいて相手の交換材料を無くすなど、意図的に孤立させたり、戦争を仕掛けさせる
  6. 自国都市の役割を特化させる。小国の場合、研究力は殆ど首都で賄う事になるため、他は生産都市にするほか、専門家を雇って少しでも研究力の助けにする

これに沿って優先度を設定し、進行していきましょう

戦争が前提になるため、仮想敵国と仲良くする必要はありません

国教は、遠い大国など、技術交換相手に合わると吉

戦争時は先制攻撃が何よりも重要なため、事前に国境ギリギリに配置するなど、出来る準備は全て行います

拡張に成功したら

都市数こそ、人口こそパワーなのが、Civ4BTS

勝利達成は、もう目の前です

しかし、戦争では大量のコインや技術力を犠牲にしますし、しばらくは技術レースに遅れます

ここは焦らず、(楽しく)内政を整えて、次のプランを策定しましょう

このころには、AIもAI同士での戦争が決着している頃かと思いますので、その状況によって、

再侵攻か、別条件での勝利を目指します

プレイヤーの特権として、都市の特化がありますので、

全てに小屋を敷き詰めて奴隷解放してもよし、工房を敷き詰めて共産主義になるもよし

再設定時は、先ほどの「仮想敵国を設定する~」からを再度行います

カノン、ライフルでラッシュを行った場合、次のラッシュタイミングは、戦車がいいですね

もし、戦車が陳腐化するほど技術が進歩していた場合は、終末戦争になりますので、

地球の砂漠化が、本格的に始まります

今まで以上に、先制攻撃が絶大な効果を発揮しますので、

絶対に先手を取られないよう、AI同士を戦争させておきましょう

その間に準備、或いは別の星を目指して、宇宙船を開発

そして、この星からはオサラバです

Civ4BTSでの拡張は内政のためにある

改めてとなりますが、Civ4BTSは、内政の比重が高いゲームです

自国の内政は、特に都市数や領土が少ない場合、中世には労働者の仕事が無くなり始めます

労働者を遊ばせず、AIが遊ばせている、小屋と工房が入り混じった不毛の土地を正すためにも、

戦争ではなく拡張と捉え、勝利への王道を歩みながら、内政を楽しんでプレイできればと思います

初心者の方へ今回の記事が、よりCiv4BTSを楽しむ一助となれば幸いです

 

最後までご覧いただきありがとうございました







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
管理職の転職ならMs-Japan!
管理職の転職ならMs-Japan!