副業

【副業】公務員でも可能なおすすめの副業3選

景気や政府方針の関係もあり、今は副業解禁の流れが進んでいます。かつては、公務員の副業は、法律で全面的に禁止されており、発覚すれば処分が下されていました。

時代とともに少しずつ解禁されてはいるものの、いまだ公務員が副業をしにくい自治体も少なくありません。また、一部の層には公務員の副業をよしとしない風潮が残っているのも事実です。

この記事では、公務員が副業を行う際におすすめの事業3つご紹介いたします。

そもそも公務員の副業はなぜ禁止されているの?

公務員には「国家公務員」「地方公務員」の2種類があり、いずれも規定には「副業禁止」と解釈できる記述があります。

たとえば、国家公務員法では「私企業を営む目的のある会社で働いてはいけない」との旨が第103条に記されています。また、第104条は「本職以外で報酬をもらうには内閣総理大臣か職員の所轄庁の長の許可が必要」といった内容。

そして地方公務員法にも類似した記述があり、公務員が許可なく副業を行うことは禁止されているのが現状です。公務員の副業が禁じられてきた理由は主に3つです。

まず、副業が「信用失墜行為にあたる」点です。公務員は全体の奉仕者であり、自分の利益のために働く仕事ではありません。副業によってお金を稼いでいたと発覚すれば、職業倫理に反することとなります。

次に、「守秘義務」です。公務員は一般人の個人情報を取り扱っている仕事です。民間の職場で働くことにより、情報が持ち出されたとなれば大問題となるでしょう。中には、意図的に個人情報を不正利用しようとする公務員がでてきても不思議ではありません。そのため、あらかじめ外部で働けないよう法律で定めているのです。

そして、「職務専念の義務」です。公務員は一般人の生活に深く関わる重大な仕事です。副業に時間や体力を奪われると、日常業務に支障が出かねません。公務員は本業に集中し、人々の生活を支えることが理想だとされてきました。

副業解禁!公務員でもできる副業は?

2018年6月、条件付きではあるものの公務員の副業を認める旨が政府より発表されました。そして、同年度には神戸市や生駒市などで正式に副業解禁がなされています。

副業が解禁された理由はさまざまです。ひとつは、公務員にも理由があって収入を増やしたい人が多い点が挙げられるでしょう。そして、収入面の不満から優秀な人材が流出しないよう、対策が立てられたともいえます。

また、公務員の経験を役立てられる分野も多く、広い意味での地域貢献を目指す意味もあります。ただし、公務員はすべての業種を副業に選べるわけではありません。

副業は「公益性の高い事業」のみ許可されています。たとえばNPO法人のように、地域住民に尽くしている機関が推奨されています。また、地域清掃や介護事業などの有償ボランティア、地元のクラブチームのコーチングスタッフなども「公益性の高い事業」です。

一方、民間企業での営業職や事務職に就くことは難しいといえます。ただし、任命権のある人物の裁量によっては認められる場合もあります。

そのほか、許可があれば行える副業は「農業」「不動産業」といった、自らの財産を駆使して行う仕事です。アパートやマンションを人に貸したり、駐車場を作ったりといった仕事は、働き方次第で本業への影響を抑えられます。

農業も休日だけを利用する方法があるので、公務員との両立は可能です。これらの副業を行うには任命権のある上司と交渉し、本業との両立が可能と証明しましょう。

公務員におすすめの副業3選「投資信託」「不動産投資」「株式投資」

時間をとられず、上手くいけば高収入を得られる「投資」は公務員におすすめの副業です。いきなり多額の投資をすると大損害を受ける可能性があるものの、少ない元手を徐々に増やしていくぶんには安全だといえます。

たとえば、専門家を信じて投資をする「信託投資」は、知識が不足している人でも始めやすいのが特徴です。ファンドマネージャーや銀行などを比較検討し、信頼できそうな相手にお金を預けましょう。投資信託に関しては、以下の動画が参考になりますよ。

次に、「不動産投資」も効率的な投資です。不動産投資では、最初に土地を選定して収益を出すために運用します。具体的には、建物を買い取ってテナントにしたり、空き地を買い取ってスポーツ施設にしたりして、安定した収入を得るために努力します。

不動産投資においては、投資者本人が土地を管理しなくても専門会社に委託することが可能です。上手くいけば、公務員の仕事にほとんど影響がないまま年収を増やせるでしょう。

そして、「株式投資」も人気のある投資のひとつです。株式も大きく稼ごうと思えば勉強が欠かせません。しかし、証券会社はさまざまなサポートを行ってくれるうえ、投資顧問などの専門家にアドバイスをもらう選択肢もあります。初心者でも少額から始め、実践の中で知識を身につけられます。

ネット証券においては、口座開設に費用がほとんどかからないのもメリットです。長期的に、少ない元手を大金にすることも夢ではないでしょう。

公務員にはグレーな副業「オークション」「FX」「アフィリエイト」

中には、ややグレーな副業もあります。これらの仕事はリスクがあったり、公益性がなかったりするので「公務員向け」とはいえません。それでも、始めやすいのは事実なので知識として持っていてもいいでしょう。

まず「オークション」で利益を得る方法です。ネットオークションなどを使って商品を転売すれば、効率的に稼げます。ただし、高額商品を安く仕入れるための審美眼は必須です。また、粗悪な商品を高く販売するとトラブルになるので注意しましょう。

次に、「FX」も高収入につながることもある副業です。FXでは、為替レートの差額を利用して利益を出します。たとえば、1ドル100円のときに100ドルを買えば元手は「1万円」です。そして、1ドルが105円になってから売れば、「1万500円」なので500円の利益となります。FXは少ない元手から始められるうえ、短期間で結果が出るので忙しい公務員でも挑戦できます。

そして、「アフィリエイト」はブログで収入を得るための方法です。記事内で特定の商品を宣伝し、販売ページのURLを貼ります。そして、ブログを経て商品が売れた場合、利益の一部をもらえる仕組みです。

アフィリエイトで高収入を得るには魅力的な記事を高頻度で投稿しなければいけません。大量のアクセス数を稼がないと記事が読まれないので、SEO対策などの専門的知識も必須です。しかし、成功すれば労力以上の報酬が安定して入ってくるシステムです。文章を書くのが好きな人ならやってみる価値はあるでしょう。

自身の目的に沿った副業選択を!

リスクや始めやすさを考えると、公務員の副業は以下の3つがやはりおすすめしやすいです。

  • 投資信託
  • 不動産事業
  • 株式投資

特に株式投資は、つみたてNISAなど優遇税制の制度が充実してきていますので、入りやすさではおすすめしやすいです。ご自身の目的や環境、許容リスクを考慮頂いて副業選択をし、行動していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
管理職の転職ならMs-Japan!
管理職の転職ならMs-Japan!