自己投資

【FP3級】勉強から試験、合格までの手順と知識の活用法

【FP3級】勉強から試験、合格までの手順と知識の活用法

ご覧いただきありがとうございます。Triverです。

今回の記事は以下の方へ向けた内容となります。

  • FP(ファイナンシャルプランナー)3級に興味がある
  • お金の勉強をしてみたい
  • 新しい資格に挑戦したい
  • FP3級がどのように役立つか不安
  • FP3級の勉強方法や、勉強時間が知りたい

近年は経済に関する明るいニュースが少なく、将来へ向けて経済的不安は大きくなる一方。そこで、お金に関する知識強化の一環として、FP(ファイナンシャルプランナー。以降FPで統一)3級の勉強を始めました。

そして、先日行われたFP3級を受験し、模範解答に基づいた自己採点の段階ですが、見事合格することが出来ました!

しかし、一口に勉強といってもどうやればいいのか、不明瞭。また、実際にFP3級の知識がどの程度、実生活で役に立つのか「まゆつば」な部分もありますよね。

FP3級は、学習コストや応用度を考えると、金融学習の入り口として非常に優れた資格です。特に社会保障、賃貸、税金は即効性が高い。

そこで今回は、FP3級の勉強方法、試験の雰囲気や対策、知識の活用方法まで網羅的にご紹介いたします。特にFP3級の勉強を始めるか、ご検討している場合のご参照になれば幸いです。

そもそもFPって?

ファイナンシャル・プランナー(FP)について

FPとは、一人ひとりの将来の夢や目標に対して、お金の面で様々な悩みをサポートし、その解決策をアドバイスする専門家です。個々人や家族のライフプラン(人生設計)に基づく将来の収支の見通しを立て、最適な資産設計・資金計画を提案、アドバイスを行い、その実行をサポートします。そのため、FPはお金の面から家計の改善を図る「家計のホームドクター®」とも呼ばれています。

FPは職業の名称で誰でも名乗ることができます。ただし、「くらしとお金」に関するアドバイスは多岐にわたるため、FPには年金や保険、資産運用、税制、住宅ローン、相続など、幅広い専門知識が求められます。そこで、「くらしとお金」に関する様々な専門知識を有していることを証明するのがFP資格です。

日本FP協会より:https://www.jafp.or.jp/confer/fpsoudan/choose/performance.shtml

引用から入りましたが、お金の知識に精通した、相談相手といった形。つまり、FPの勉強を行えば、お金の知識に精通出来るというわけですね。

FP3級においては、以下6項目について学習します。

  1. ライフプランニングと資金計画(FPの職務や税金、社会保障など)
  2. リスク管理(健康保険、任意(民間)保険など)
  3. 金融資産運用(銀行預金、債券、株式など)
  4. タックスプランニング(税金に特化した①より掘り下げた内容)
  5. 不動産(不動産関連の法令や税金など)
  6. 相続・事業継承(贈与、相続関連の法令や手続き、税金など)

これだけ見ると、かなり大変そうな印象を受けますよね。しかし、実際に学習するのは各分野の初歩の部分。

専門家には及びませんが、広く浅く、学校や普段の生活では学びづらい学習ができます。その中でも賃貸(orマイホーム)や保険、税金など、普段の生活に密接した知識が中心。実生活にも応用しやすい点が、FP3級学習の大きなメリットです。

FP3級の勉強方法

FP3級の勉強方法はシンプルです。これらの教科書、問題集を繰り返し、3週程度進めて丸暗記!

これだけだと不安ですよね・・・。しかし、これで本当に問題無し、実際に合格できました。

丸暗記で問題無い理由は、FP3級の試験範囲は限られており、応用問題がほぼ出題されず、基本事項の暗記で回答を進められるから

実際、過去問を3~5年程度調べましたが、法律が変更された箇所以外は、類似した問題の出題が殆どでした。今後もこの傾向が大きく変わる事は、あまり考えられませんし、もし変わる場合、事前にアナウンスがされるでしょう。

なお、通勤時にも勉強したい場合、教科書を広げて行いづらい事もあると思います。その場合におすすめなのが、過去問を繰り返し行える「FP3級ドットコム

問題数や解説も充実しており、過去に間違えた問題が記録されていて復習が行えるなど、スキマ時間を有効活用出来ること間違いなし。

ただ、教科書をある程度読み進めていないと、解説や問題が頭に入りづらくなります。「FP3級ドットコム」では、学習した範囲から徐々に試されることをおすすめします。

FP3級合格まで学習時間

  • 教科書+問題集の1週目が、合計約20時間。
  • 教科書の覚えきれていない箇所+問題集の2週目が、合計約15時間。
  • 問題集の3週目(時々教科書)が、約10時間。

いずれも少し多めに見積もっていますが、合計45時間が目安です。期間に換算すると、平日1時間、土日に2時間と仮定して、1か月半(5週間)が必要な学習時間の目安。

FP3級の試験は、毎年1月、5月、9月に行われますので、それぞれの2か月(11月、3月、7月)ほど前に開始できれば、充分な学習期間を確保できますね。

試験は金財とFP協会どっちがいいの?

FP3級の資格を取り扱う団体は二つあり、「きんざい」と「日本FP協会」になります。学科はほぼ同じですが、実技の試験範囲に差があります。

金財の実技 日本FP協会の実技
個人資産相談業務
保険顧客資産相談業務
資産設計提案業務

3種類もある中から、どれか1つを選ぶとなると、迷うかもしれません。しかし、それぞれの特徴を知れば、選択は難しくありません。

この際、重要となるのは自分が、どの分野を学びたいかということです。それが分かれば、どの分野を、選ぶべきなのかが分かります。

それぞれの簡単な特徴もまとめておりますので、いずれで受験されるかを慎重にご検討くださいませ。

それぞれへの申し込みはこちらから行えます。

  • 個人資産相談業務

学科試験の範囲である金融資産、不動産、相続・贈与、ライフプランニング、年金、タックス(税金)などが幅広く含まれます。お金と暮らしに関わる幅広い知識が問われる試験となっており、学科試験の範囲をほぼそのまま実技試験に落とし込むイメージです。

不動産の売買や相続などは、日常生活で頻繁に行うことはありません。しかし、人生のいずれかのシーンで1度は対処を求められる可能性が高いでしょう。そのため、実技試験の勉強をすることは、そうした際に冷静にかつ賢く判断するため練習にもなります。

また、実際の出来事を想定した内容の問題が出題されるので、「自分の生活にこんなことが起きたらどうしようか?」と自分に問いかけながら勉強することができます。

  • 保険顧客資産相談業務

保険に特化した実技試験。保険について学びたい、あるいは将来、保険に関わる仕事に就きたいと決めている方は、「保険顧客資産相談業務」を選ぶと良いでしょう。実際に実務で保険に関わる仕事をするためには、FP2級の知識が必要となりますが、そのための基盤として有用です。

反対に保険に特に興味がない、あるいはまだ決められないという方には、「保険顧客資産相談業務」以外を選ぶことをおすすめします。「個人資産相談業務」「資産設計提案業務」にも保険の問題は出るため、はっきりと分野を決めていない時には、こちらを一旦勉強しておくというのも1つの手法です。

  • 資産設計提案業務

きんざいの「個人資産相談業務」と同じく、金融資産、不動産、相続・贈与、ライフプランニング、年金、タックス(税金)などが試験範囲に含まれます。そのため、お金と暮らしに関わる、幅広い知識を身につけることができます。

基本的には、「資産設計提案業務」は「個人資産相談業務」と似た内容と考えられます。これら2つの実技試験のいずれかを、FP3級受験者の大多数が選択しています。書店で販売されているテキストもこの2つを対象としたものが多いため、勉強がしやすいのが特徴です。

試験の雰囲気

受験団体を選択、申し込み、勉強を重ねればいざ試験です。FPは人気資格のため、参加者は多めですが、その分試験会場も広いため、試験前にテーブルなどで最後の復習も可能。

特定の試験では全体がピリピリした緊張感もありますが、FP試験ではそんな雰囲気はありませんでした。緊張感が無さすぎる訳ではないので、程よい緊張感で臨みやすくなっています。

スタッフの方の案内も分かりやすく、親切に気遣いをして頂けるため、運営面でも安心できますね。各地で開催されますので、交通のアクセスも良好です。

試験開始後、気になったのは出席された受験者の数でした。おおよそ、8割程度しか席が埋まっておらず、2割は欠席。試験内容が簡単な割に、合格率が低いのはこれが原因のようです・・・。

学科試験は2時間ですが、開始から1時間後の退出可能時間になると、8割以上の受験者が退出。つまり、それだけ余裕を持って行える内容という事ですね。

実際僕自身も、40分程度で見直し含めて終了したため、試験時間にはかなり余裕がある状態でした。前述の勉強を実践された場合は、充分、1時間で試験問題を行えると思います。

実技試験も同様に、40分程度で受験者の5~6割程度の方は、試験を終えた様子が見受けられました。こちらも、時間には余裕が充分あると言えます。

試験内容も大きな変化球も無く、暗記していた内容が8割を超えて出題されていましたので、学習方法を間違えなければ、誰でも対応できる内容。

一番の注意点は、試験開始時刻が早めなので、遅刻しない事だけかもしれません。

必要準備物

以下の4つが必要になります。FP3級では電卓は必須ではありませんが、合った方が確実に楽ですね。

なお、僕は当日、電卓を忘れてしまって暗算でやり過ごしましたが、何とかなりました。しかし、計算にかなりの時間をかけてしまいましたので、電卓はあるに越したことはありません。本当に・・・。

  1. 受験票
  2. 本人確認書類(免許書、パスポート、学生証、マイナンバーなど)
  3. 筆記用具(HB鉛筆、シャープペンシル、消しゴム)
  4. 計算機(詳細はこちら。いわゆる普通の電卓です)

自己採点方法

試験後、当日の夕方ごろより模範解答がWebページに掲載されます。問題集の持ち帰りは可能ですので、そこに自分の回答を記入しておくことで、当日中に採点ができます。

知識の活用方法

ここが一番大事。せっかく勉強をしたのみ、活用をしなければもったいない。

FP3級の勉強を通じて、各分野の基本的な知識が身に付きます。そこで大きく認識が変わる部分は、大きく以下の部分ではないでしょうか。

  • 国民健康保険が優秀すぎて、民間の保険に入る必要が殆どない
  • 賃貸の法令が借主に寄っており、入居者が全般的に有利
  • 確定申告や青色申告の知識
  • 確定申告時の税額控除の種類と手段、計算方法

いずれも、生活の支出、家計の改善に直結します。また、保険や不動産の知識は、通常不利な条件を出されることが多い業界において、知識武装による防御にも使えます

その他、税金に関しても、確定申告を行う事で税負担を軽くすることも可能。そのために必要な所得の種類や方法も学べます。

そして、知識を得るという事は、選択が出来るようになるという事。不利な選択肢を選ばない、また、自身の資産を守るためにも、勉強した知識を早速活用したいですね。

いきなり、税金や保険と言われてもすぐには・・・。という場合には、自分のライフプラン表や、キャッシュフロー表を作成してみてはいかがでしょうか。

財務状況を把握するのは、改善にあたり必須となりますので、まずはここから活用の一歩を始めてみる事を推奨いたします。

次におすすめの資格は?

簿記が圧倒的におすすめです。

FP3級は実生活には役立ちますが、就職アピールまではいけません。しかし、簿記は2級以上(1級からは特に)で、充分スキルとしてのアピール材料に使えます。

また、FP3級で学習した内容も出てくることが多く、応用しやすい点も魅力です。最初から簿記の勉強を始めるのとでは、雲泥の差があります。簿記の知識自体、家計管理の改善や、副業の収支計算にも応用可能。知識を転用できる幅が大きく広がります。

税金やお金の流れに強くなるためにも、簿記を勉強をおすすめいたします。簡単な勉強方法や、内容をまとめた記事も作成しておりますので、宜しければご参照ください。

【自己投資】クレアールで簿記2、3級学習をする際の勉強手順クレアールで簿記2、3級学習をする際の時勉強手順 ご覧いただきありがとうございます。Triverです 今回の記事は以下の方へ...

知識を実践して自分にも周囲にも還元

FP3級は、1月程度の低い学習コストの割に、お金に関する全般的な知識を学べる、金融リテラシー向上のためのおすすめ資格。勉強方法が、教科書と問題集、繰り返しの丸暗記という点もシンプルでいいですね。

保険や社会保障、賃貸や税金など、すぐに生活に直結する知識が多い点から、自分以外に周囲の人たちにも、その知識を共有、応用しやすい点も良いですね。

また、新しく勉強を始め、合格或いは実践するという結果を得れば、それ自体が自分の成長を感じられる、何よりも大きな成果となります。

試験難易度の低さからも、最初の一歩としておすすめのFP3級。この機会に、新しく受験、或いは勉強の開始をする、一助となれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!