ゲーム

おすすめゲーム【ロマンシングサ・ガ3】現在も愛されるやり込みRPG

おすすめゲーム【ロマンシングサ・ガ3】

ご覧いただきありがとうございます。Triverです

今回の記事は、副業や自己投資ではありません

そのため、以下の方へ向けた内容となります

  • ロマサガ3が好き
  • ドット時代のゲームが好き
  • ロマサガ3を過去遊んでいて、懐かしみたい

大好きなゲーム「ロマンシングサ・ガ3」に関して、語り尽くす内容になります

主に好きな理由は、

  • ドットグラフィックが最高峰にキレイ
  • BGMが素晴らしい
  • 戦闘バランスが難しい
  • やり込み要素が多数あり、何回でも楽しめる

これらの理由で、学生時代、何百時間プレイしたか分かりません

今でも時々タンスから引っ張り出したくなるようなゲームについて、

少しでも魅力をお伝え出来ればと思います

ロマンシングサ・ガ3の概要

先ずは、発売日などの概要からご紹介いたします

発売日は1995年11月11日、スクウェア(当時はエニックスと合併前)から発売されました

記事を書いているのが2019年末となりますので、25年程前の作品になります

当時のRPGと言えば、「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」と皆が答える中、

自由すぎるゲームシステムと、バランステストの実施を疑う戦闘難易度でコアなファンを獲得し、

3作品目となった「ロマンシングサ・ガ」シリーズのSFC最終作品でした

プレイステーションよりも後は、「サガフロンティア」などのシリーズ作品がリリースされています

今でもRTA(リアルタイムアタック)や、やり込みプレイをされる方など、ファンに愛され続けている作品と言えます

ロマンシングサ・ガ3が好きな理由

ロマンシングサ・ガ3(以降、ロマサガ3)は、実は最初はあまり好きではありませんでした

理由は、説明されない独自の仕様が多数あり、戦闘難易度が高すぎて当初心が折られたからになります

しかし文句を言いながらプレイを続けている内に、仕様を把握し始めると、途端に難易度が楽しさに変わってきました

知らず知らずとのめり込んで行き、好きになっていった形です

ドットグラフィックが最高峰にキレイ

当時は3Dグラフィックもほぼ無く、2Dでのグラフィックが殆どでした

SFC後期の作品ですので、完成度も高いものばかりです

エフェクトにも凝っており、光過敏問題発生前でもありましたので、

画面フラッシュもガンガン発生します(=健康には問題アリですが派手です)

特に好きなシーンは、「グウェイン共闘によるビューネイ戦」です

SE、BGM演出も相まって本作屈指の見せ場になっています

これを体験しないのは本当にもったいないと思いますので、もし登山ルートでしかビューネイを倒していない場合、

一度でいいので、グウェイン共闘ルートでビューネイ戦に進むことを、強くおすすめします

BGMが素晴らしい

サ・ガシリーズの作曲は「伊藤賢治」さん(通称イトケン)が担当されています

担当された作品は多数ありますが、特にバトル関連のBGM評価がとても高い作家さんです

その中でも、僕が大好きなのは「四魔貴族バトル1」です

正直、思い出補正込みで、好きになっているところはあります

例えば、映画で感動したシーンのBGMを聞いてそのシーンを思い返す、イメージに近いです

先ほどのグウェイン共闘での演出効果や、苦労して育てたパーティーでの苦戦の記憶など、

当時の思い出が特に強く蘇って、曲調が彩られます

時々聞き返して、ために思い出に浸る形で、今は楽しんでいます

その他の曲も素晴らしいので、是非一度聞いて頂きたいです

戦闘バランスが難しい

小、中学生向けの難易度でない事は、間違いありません

  • 強い装備を買いたいけれど、オーラムが全然無い
  • 強い装備を開発したいけれど、聞いたこともないアイテムを要求される
  • しかもそのアイテムに時限性のものがある
  • 強い技を全然閃かない
  • 陣形に隠しパラメーターがあり、説明されないのに、戦闘において超重要
  • エネミーの特殊技が強すぎて、パーティーが壊滅する
  • 主力のキャラがいきなり抜けて詰む
  • 装備やアイテムに隠しパラメータが多く、数値が高い装備が強いとは限らない
  • などなど・・・

なおかつ、現状のゲームでは標準装備の、チュートリアルはありません

しかし、この理不尽極まりないシステムや仕様を理解した時、これらの全てが楽しみに変わります

そのため、やり込みプレイヤーが今も後を絶たない、愛される理由にもなっています

一見さんお断りの料理屋といった感じです

著名なやり込みプレイヤーさんの動画も、時々見ると、自分も触発されてプレイしたくなる事請け合いです

これでも、ロマサガシリーズでは「3」の難易度は低い方です

「1」や「2」は、更に理不尽極まるバランスになっています

やり込み要素が多数あり、何回でも楽しめる

ロマサガ3では、主人公を8人から選択出来、それぞれ個別イベントがあります

主人公を変更出来るバグもありますが、全てカタリナエンドになるので、僕はあまりやっていませんでした

二週目をする場合は「サラ」が人気ですね

そりゃあ、あのストーリーなら気になるに決まっています

主人公によって手に入るアイテム等も異なるため、コンププレイなら「ハリード」になります

毎回お気に入りのキャラを入れたとしても、成長システムが特殊な関係で、違った育て方になる点も特徴です

見た目が華奢なキャラを、パワータイプに育てる事も出来ますので、この辺りもゲームの懐が深いです

毎回、何かしらのテーマを決めて遊ぶと、違った面を見せてくれます

ロマサガ3は今でも楽しめる

25年前の作品ですので、グラフィックも音響効果も、今のゲームには劣ります

しかし、昔楽しんだことは、今も思い返しても楽しめる事が多いです

久しぶりに、押し入れから引っ張り出し、ロマサガ3をもう一度触れるきっかけになれば幸いです

(現在も販売されていましたので、リンクを用意しております。懐かしいパッケージ)

最後までご覧いただきありがとうございました







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!