副業

【確定申告】メリット多数「e-Tax」での確定申告手順【個人事業主】

  • 確定申告が面倒くさい
  • 税務署での待ち時間が長すぎる
  • e-Taxを聞いたことがあるけどやり方が分からない

上記に該当する方も多いのではないでしょうか。確定申告、待ち時間も長いですし、面倒ですよね。

今回、確定申告において初めて「e-Tax(イータックス)」を利用しましたが、メリットがあまりにも多かったので今回ご紹介いたします。「e-Tax」のメリットは以下の通りです。

  • 電子記録のため、PCやスマートフォンからデータを入力し確定申告できる
  • 税務署へ行く必要がないため、待ち時間が発生しない
  • 令和二年(2020年度分)から「e-Tax」で青色申告をすると、控除額が10万円分増える
  • 会計ソフトで作成したデータをそのまま提出出来る
  • 還付金の納付が、通常の確定申告よりも早い(一週間程度)

以上のように、デメリットを探す方が難しいくらい、メリットが満載です。また、「e-Tax」を利用するための手順も簡単です。お住いの地域における、所轄の税務署へ行ってIDとパスワードを発行すればOK。今回はこちらの手順をご紹介いたします。

なお、マイナンバーカードを発行済み+カードリーダーがある場合は、更に楽で税務署に寄る必要すらありません。以下のページから税務署の申告ページへアクセスして、確定申告内容の記載or書類の添付をすれば完了です。

税務署e-Taxページ:https://www.e-tax.nta.go.jp/

e-Taxは、電子媒体での確定申告

e-Taxは、税務署が新しく始めた確定申告の対応方法の一つとなります。それまでは紙媒体での申告が基本でしたが、電子媒体での確定申告が行えるようになりました。

これは申告者はもちろん、税務署にとっても負担の軽減が期待できます。そのため、税務署(国)もかなり力を入れているようで、税制優遇(青色申告と併用時、10万円所得控除)も設けています。

使わない手はありませんね

なお、個人事業主はもちろん、副業の他、法人(この場合は義務化されますが)でもe-Taxを利用できます。以下、税務署からの詳細な説明の引用です。

e-Taxとは、以下のような国税に関する各種の手続について、インターネット等を利用して電子的に手続が行えるシステムです。これまでの書面による申告書等の持参又は送付による提出方法に加え、申告書等を電子データの形式でインターネットを通じて送信するという、新たな提出方法の選択肢を利用者等に提供するものです。

  1.  所得税、贈与税、法人税、地方法人税、消費税(地方消費税を含みます。)、復興特別法人税、酒税及び印紙税に係る申告
  2.  全税目の納税(電子納税証明書の手数料納付を含みます。)
  3.  申請・届出等(電子納税証明書の請求及び発行を含みます。)
    詳しくは、「システムの概要」をご覧ください。

参照URL:https://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/yokuaru01/09.htm

2020年分から、e-Taxと青色申告特別控除併用の確定申告をすると、10万円の所得控除を受けられる

税制の改正により、基礎控除額が38万円から48万円になります。これは誰にとっても喜ばしい改正ですね。

しかしそのあおりを受けてか、青色申告特別控除の所得控除額が65万円から55万円に減ってしまいます・・・。ここでe-Taxの出番です。

改正後の55 万円の青色申告特別控除の適用要件に加えて、e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存を行うと、引き続き 65 万円の青色申告特別控除が受けられます!

つまり、青色申告特別控除の額が減少するデメリットが帳消しになります。待ち時間が減るなど他のメリットも考慮すると、なおさら使わない手はないのではないでしょうか。

国税庁参照URL(PDFの図解式なので分かりやすいですよ):https://www.nta.go.jp/publication/pamph/shotoku/h32_kojogaku_change.pdf

e-TaxのIDとパスワード発行は、税務署で15分で出来る!

e-Taxでの確定申告を行うためには、マイナンバー+カードリーダーによる認証を除き、ID(利用者識別番号)とパスワードが必要になります。少し面倒そうな予感がしますよね。

発効前は僕自身もそう考えていましたが、いざ発行手続きにあたっては拍子抜けするほど簡単に終わりました。税務署内での対応も、15分あれば終わります。

発行のための手順は以下の通り、順を追ってご確認くださいませ。

まずはお住いの地域の、所轄税務署を確認します。確認方法は極めて簡単。以下国税庁ホームページから住所情報を登録し、確認すれば大丈夫です。

国税庁ホームページ:https://www.nta.go.jp/about/organization/access/chizu.htm

そして、営業日や営業時間の確認を行いましょう。その上で、本人確認書類(免許書など。僕の場合はパスポートで行いました)を持っていざ税務署へ。

税務署に着いたら、整理券を発行して呼び出されるのを待ちましょう。呼び出されたら受付の職員さんに以下のように相談します。

「e-TaxのIDとパスワードを発行したいです!」

後は受付さんがe-Taxの担当職員さんを呼んでくれますので、ご案内に従って画面操作をパスワード設定を行えば、個人用のIDとパスワードの発行が完了します。待ち時間込みでもここまで15分程度になると思います。

なお、確定申告開始直後(2/17)と、確定申告締め切り直前(3/16)は税務署がパンパンになりますので、その時期を少し避けて税務署へ立ち寄られる事をおすすめいたします。来年から確定申告をされる場合は、これらの時期は完全に避けるのがベストですね。

実際、税務署へ行くメリットをもう一つ体感しました。それは、税務署に対する恐怖感が軽減されることです。

脱税事件などへのイメージが先行して税務署を捉えがちですが、実際にはそんな事はありませんでした。どの職員さんも丁寧で優しく、真摯に対応して頂けました。この体験だけでも、税務署へ行く価値はあると思います。

ID・パスワード方式を利用するためのID については、税務署で職員による本人確認を行った後に「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行しますので、ご希望される方は運転免許証などの本人確認書類をお持ちの上、お近くの税務署にお越しください。
なお、平成30年1月以降、確定申告会場等で「ID・パスワード方式の届出完了通知」を受け取られた方は、既にID・パスワード方式のIDは取得しておりますので、お手元の申告書等の控えをご確認ください。
また、税務署で職員による本人確認を行う方法以外に、マイナンバーカードとICカードリーダライタを使って、ご自宅等から確定申告書等作成コーナーを利用して、「電子申告・納税等開始(変更等)届出書)を送信し、ID・パスワード方式のIDの取得を行うこともできます。

税務署のID・パスワード設定に関する説明ページURL:https://www.e-tax.nta.go.jp/toiawase/qa/kanbenka/13.htm

e-Taxでの確定申告の始め方

準備が完了したら確定申告を開始します。確定申告内容の記載に関しては、会計ソフトの利用をおすすめしますので、後程ご紹介いたします。ここでは、アクセスするページなどに関して確認していきます。

国税庁がかなり気合を入れて確定申告ページを作成しているので、ヘルプなどは大充実していますよ。ログインまですれば、後は通常の確定申告とそこまで手順は変わりません。

まずはe-Taxのホームページへアクセスします。作成の場合は赤丸で囲んだ箇所を選択してください。ページを確認頂ければ分かりますが、本当にヘルプが充実していますよ。一読の価値ありです。

新しく作成の場合は、赤丸の「作成開始」を選択しましょう。税務署も確定申告が大変なことは把握しているのか、データ保存が随所で出来る仕様になっており、その場合は「保存データを利用して作成」から簡単に再開できます。

赤丸の部分を選択し、IDとパスワードを入力しましょう。カードリーダーとマイナンバーカードを利用される場合は「マイナンバーカード方式」を選択してくださいね。

e-Taxでの確定申告に使える便利な会計ソフト「マネーフォワードクラウド」

ここまでひたすらほめ続けたe-Taxのページですが、一つだけ弱点があります。それはデフォルトの作成ページが使いづらいこと。

青色申告特別控除では、損益計算書や貸借対照表の作成する必要もあり、使いづらさに拍車がかかります。その手間を無くしてくれるのが、会計ソフト「マネーフォワードクラウド」です。

セキュリティ対策に定評のある本ソフトにクレジットカード情報や銀行口座情報を連結すると、勝手に仕訳をしてくれます。料金もかなり安く、条件を満たした場合、月額500円のキャンペーンも開催されています。

キャンペーン適用条件

以下の1〜4をすべて満たすことが条件です。

  1. 個人事業主のお客様であること。
  2. マネーフォワード クラウドで「個人事業主」として作成された事業所において、申し込み期間中(2020年1月22日〜2020年3月16日)にマネーフォワード クラウドの「月額パーソナルプラン」、または「月額パーソナルライトプラン」を初めて契約している。※1※2
  3. 決済方法がクレジットカードである。
  4. クレジットカードの初回登録日が申し込み期間内(2020年1月22日〜2020年3月16日)の日付である。

※2019年5月8日以降にマネーフォワード クラウドの有料プランを契約されたことがある事業所は、特典の対象外です。(無料トライアル、およびプロダクトキーによる有料機能のご利用履歴は含まれません)

※2019年6月4日以前に提供していた旧有料プランをクレジットカード払いにて契約していた場合、2019年6月5日までに旧有料プランを解約された事業所は、特典の対象になります。

簿記はクセの強い技術ですので、慣れるまで大変です。また、せどりなどで頻繁にお金のフローがあるとなお大変。

そこで「マネーフォワードクラウド」を使用すれば、楽に、そして正確に確定申告を行え、e-Taxの恩恵を受けられます。無料でも開始出来ますので、是非一度お試しください

確定申告の活用方法

e-Taxを応用するために必要な手順も別の記事にまとめています。楽天ポイントせどりは特にややこしいので、ご参照頂ければと存じます。

【楽天ポイントせどり】確定申告時のポイントの確定申告対策まとめ 税法上のポイントの扱い方が知りたい せどりの確定申告は難しそう 開業してみたいけど、帳簿対応や確定申告が怖い ...
【副業】確定申告前の必須対応! 開業届と青色申告特別控除の出し方あなたはもう副業を始められましたか?あるいは、今年から始める予定でしょうか? もしその場合、来年からは確定申告をすることをおすすめ...

e-Taxで一番お得な確定申告をしよう!

e-Taxの手続きは簡単で、税務署へ行ってIDとパスワードを設定すれば15分で終わります。メリットも本当に満載です。

  • 電子記録のため、PCはスマートフォンからデータを入力し確定申告できる
  • 税務署へ行く必要がないため、待ち時間が発生しない
  • 令和二年(2020年度分)から「e-Tax」で青色申告をすると、控除額が10万円分増える
  • 会計ソフトで作成したデータをそのまま提出出来る
  • 還付金の納付が、通常の確定申告よりも早い(一週間程度)

いずれも、通常の確定申告と比べるまでもないメリットですよね。

そして、「マネーフォワードクラウド」を使用すれば、面倒な会計処理からも殆ど解放されて様々な恩恵を受けられます。個人事業主、そして副業において、確定申告をキチンと行えば必ずその恩恵が自身に返ってきます。

株の名言で「国策に売りなし」という言葉があります。e-Taxは今まさに国(国税庁)が推進している企画です。つまり、これにのれば他よりも優遇されるということ。簡単で、恩恵も大きく、すぐに始められるe-Taxでの確定申告。お近くの税務署へ寄って、始められてはいかがでしょうか。

資料作成を自身で行う場合は、簿記の学習をおすすめ致します。簿記学習に関するページも作成しておりますので、宜しければ併せてご参照くださいませ。

【簿記学習】投資にも副業にも最高の学習資格まとめ【クレアール】 簿記の勉強を始めたけど、何に役立つのか分からない 簿記学習を始めてみたい 簿記学習のメリットを知りたい ...

最後までご覧いただきありがとうございました。







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!
更に詳しくebayを解説!LINE@登録はこちら!