Uber Eats (ウーバーイーツ)

【副業】Uber Eats (ウーバーイーツ)高時給を維持するサイクル

Uber Eats (ウーバーイーツ)高時給を維持するサイクル

ご覧いただきありがとうございます。Triverです

今回の記事は以下の方へ向けた内容となります

  • Uber Eats (ウーバーイーツ)で中々時給が上がらない
  • 効率よくUber Eats (ウーバーイーツ)で稼ぎたい

効率よく稼ぐ結論は、短時間集中

一定以上の配達を過ぎると、時給効率が大幅に下がるため、長時間はおすすめできません

「クエストの上限まで」「ピークタイムだけ」この二点だけ順守すればOKです

特に副業の場合、Uber Eats (ウーバーイーツ)に避ける時間も限られますので、

効率よく時給を稼ぐための手段について、それぞれの詳細を、ご紹介いたします

Uber Eats (ウーバーイーツ)の稼働はクエストの上限までにする

Uber Eats (ウーバーイーツ)では、「月~木」「金~土」の2種類の期間に、

「5回配送で〇円」「15回配送で〇円」「35回配送で〇円」のクエストが発生します

該当する回数まで、追加の料金が発生する仕組みですね

逆に、これ以上の回数ではボーナスが発生しません

ボーナスが発生しないUber Eats (ウーバーイーツ)は、非常にパワー不足で、

稼ぎは、最低時給といい勝負になってしまいます・・・

また、35回配達は体力的にも厳しい面もありますので、金曜日に12回、土日も12回ずつ配達すれば

体力的な負担を分散させつつ、無駄なくクエストを達成し、時給効率を上げることが出来ます

Uber Eats (ウーバーイーツ)では、クエストを強く意識する

  • 月~木、金~日での配達回数はそれぞれ35回までにする
  • 分散可能な場合は、日ごとに配達回数を12回ずつなどに分ける
  • クエスト以上の配達は、時給効率が大幅に下がる

Uber Eats (ウーバーイーツ)ではピークタイムのみ稼働する

Uber Eats (ウーバーイーツ)には、ピークタイムが設定されています

  • ランチ(11:00~14:00)タイム
  • ディナータイム(17:00~23:00)

いずれも、いわゆるご飯時ですね

当然、この間は注文数が増えて、Uber Eats (ウーバーイーツ)もパンク気味になります

そこでUber Eats (ウーバーイーツ)は、ピークタイムにボーナスを乗せて、配達員を増やそうとします

ここは、その戦略にのりましょう

一時間の配達は、おおむね3~4件程度です。ピークタイムに合わせると、少なめに見積もって12件

12件だと、クエストとも非常に相性が良いですね

ピークタイムは、Uber Eats (ウーバーイーツ)のドライバーアプリから確認出来ます

僕自身、初期はピークタイムを意識せず稼働したため、相当効率が悪くなってしまいました・・・

同じ体験をされず、計画的に稼働できるよう、稼働計画を立てることをおすすめします

以下の時間にのみ稼働する。クエストとも相性抜群

  • ランチ(11:00~14:00)タイム
  • ディナータイム(17:00~23:00)

Uber Eats (ウーバーイーツ)はクエストとピークタイムを意識する

クエストとピークタイムを意識するだけで、Uber Eats (ウーバーイーツ)の効率は上がります

実際僕自身、時給が1,000円程度から2,000円以上にまで跳ね上がりました

ぜひ、クエストとピークタイムを意識して、計画立ててUber Eats (ウーバーイーツ)で稼働し、

時給効率を上げて、気持ちよくUber Eats (ウーバーイーツ)副業を継続する一助になれば幸いです

UberEatsの登録はこちら

Uber Eats (ウーバーイーツ)で稼働効率を上げるための手段や、必要事項をまとめたページとなります

【初心者向け】Uber Eats (ウーバーイーツ)の副業まとめ 今回の記事は以下の方へ向けた内容となります 副業を始めてみたい Uber Eats (ウーバーイーツ)に興味があ...

最後までご覧いただきありがとうございました







ABOUT ME
Triver
2019年より本格的に以下項目に着手。一次情報、試行錯誤した点を発信します。せどり 楽天経済圏 FP3級 簿記2/3級 つみたてNISA iDeCo 高配当投資
管理職の転職ならMs-Japan!
管理職の転職ならMs-Japan!